ドイツ・ミュンヘン発のビールブログ【ビアブログ Bierblog】へようこそ! ドイツビールを中心に様々なビールを紹介&レビュー!

チェコビール代表。歴史ある元祖ピルスナーUrquellの紹介&おすすめ(ピルスナーウルケル)

Pilsener Urquell 2
Pilsner Urquell 生産地のプルゼニにて
なっしゅ
なっしゅ

たまに無性に元祖ピルスナーが飲みたくなるなっしゅです。

いまや世界中のおよそ7割のビールがピルスナーであるといわれていますが、そんなピルスナーの元祖がこちら、Pilsner Urquell(ピルスナーウルケル)です。

日本でも”ウルケル”の名前で輸入されていて目にする機会もたまにあります。

緑色のボトルに赤いシーリングスタンプ風のマークが目を引きます。

誕生は1842年。歴史も長いです。

今回はチェコ代表かつ、ザ・オリジナルピルスナーであるPilsner Urquellを紹介、おすすめしていきます!

Pilsner Urquellの紹介

生産地

Pilsner Urquellの生産地はドイツの東隣、中欧チェコ東部に位置する街、プルゼニ(チェコ語表記:Plzeň、ドイツ語表記:Pilsen ”ピルゼン”)です。

ピルスナーというビールのカテゴリーはこのPilsner Urquellを源流としていて、その名称はこの町の名前を由来としています。

ちなみにPilsner Urquellというのはドイツ語表記です。日本では”ウルケル”と呼ばれますが、ドイツ語では”Urquell”(ウーァ クヴェル)と言い、直訳では”源流”、”源泉”、これが転じて”元祖”という意味があります。

Pilsner Urquellは”元祖ピルスナー”という名前もそのままのビールです。

ちなみにチェコ語ではPlzeňský Prazdrojです。読み方はわかりません。笑 (チェコ語できる人教えて下さい。)

→(更新)チェコ語では”プルゼニュスキー プラズドロイ”と読むそうです。意味は同じく、”Pilsner Urquell”です。

Pilsen Stadt 1
プルゼニの中心地 Pilsner Urquellのトラックが停まっている

見た目

Pilsener Urquell 4
緑のボトルが映える。元祖ピルスナーPilsner Urquell

これぞピルスナーという濃い金色のビールです。

炭酸も程よく強めで注いだときにシュワシュワ感が際立ちます。

泡持ちは微妙。これはラガービールの特徴なので仕方ありません。

ボトルの栓を開けた時から、強力なホップの香りが漂います。

Pilsner Urquellのホップは世界でも有名なあのチェコ、ザーツ産。国産原料にとことんこだわっているビールです。

口に含んだ瞬間にホップの苦味と香りが一気に広がります。ホップ感はかなり強めですが、これがPilsner Urquellにファンが数多くいる理由でもあります。

この苦味と香りのコンビネーションはクセになる。

ホップの香りがひたすら続くのでそこまでキレッキレではありませんが、わりとさっぱり系の苦味なので、キレがまったくないというわけではありません。

モルトのコクも僅かには感じられますが、普段愛飲しているヘレスと比べれば圧倒的にホップ感が強いです。モルトっぽさはほとんど無いといってもよいでしょう。

普段からピルスナーを飲んでないと苦味がさらに際立ちます。

Pilsner Urquell ビールレポート

なっしゅ
なっしゅ

ビール好きなっしゅによるPilsner Urquellの独断レビューです。

Pilsener Urquell 5
Pilsner Urquell ビールレポート
ビールチャート - Pilsner Urquell
ビールカテゴリー – Bierstilピルスナー
アルコール度数 – Alkoholgehalt4.4%
麦汁比重 – Stammwürze11.75%
発酵種類 – Gärung下面発酵
カロリー(100ml) – Brennwert176 kJ / 42 kcal
原材料 – Zutaten水・大麦・ホップ・酵母

特筆すべきはアルコール度数の低さ。純粋なビールとしてはかなり低い4.4%となっています。

ずっと飲み続けられるビールとも言われる所以はこれが理由なのかもしれません。

ピルスナーなのでホップの苦味と香りは強めです。でも変にクセのある苦味ではなく、香り高い上品なホップの苦味なので飲みやすさは抜群です。そんなホップの華やかな香りの中に、薄っすらと甘みも感じます。

モルトによるコクは、ホップの存在感にほぼかき消されている感じです。

コクを求めるビールではなく、ホップのライトグリーンなイメージを味と香り両方で楽しむためのビールと言えるでしょう。

きっとボトルが緑色なのも、このホップの清々しさを表しているのかもしれません

まとめ

Pilsener Urquell 3
Pilsner Urquellの広告。プルゼニにて

いかがでしたか?

元祖ピルスナーであるPilsner Urquell、ピルスナー好きには必ずお試しいただきたいビールです。

日本のメジャーなビールはほぼ全てがピルスナータイプですが、その中でも特徴としてはサントリーのプレミアムモルツに似ていると感じました。

キリン一番搾りのような重厚なコクでもなく、アサヒスーパードライのようなキレッキレでもなく、プレミアムモルツのような華やかにふんわりと香りを楽しむタイプのビールです。

より一層見た目と香りを楽しめるピルスナーグラスでお飲みいただくことをおすすめします!

なっしゅ
なっしゅ

私のオススメはドイツ、シュピーゲラウ(Spiegelau)社製のこのグラスです!

うすはりの飲み口でくびれのある、シュッとしたこの形にピルスナーの金色が最高に映えます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Pilsener Urquell 4
最新情報をチェックしよう!