ドイツ・ミュンヘン発のビールブログ【ビアブログ Bierblog】へようこそ! ドイツビールを中心に様々なビールを紹介&レビュー!

日本でも人気のドイツビールWarsteiner Pilsenerを紹介&おすすめ(ヴァルシュタイナー)

Warsteiner Pilsener 1
Warsteiner Pilsener

こんにちは、なっしゅです。

Warsteiner(ヴァルシュタイナー)といえば、日本でもおなじみの大人気ドイツビールの一つです。

国内でのドイツ関連イベントを始めとして、輸入ビールを取り扱っているお店などでもよく目にすることがあります。

また、ドイツへの空の旅の途中でも出会うことができるビールです。

ドイツのフラッグシップキャリアであるLufthansa(ルフトハンザドイツ航空)の機内ではWarsteiner Pilsenerが提供されています

今回はそんな日本人にとって最も身近なドイツビールの一つとも言えるWarsteiner Pilsenerを紹介していきます!

Warsteiner Pilsenerの紹介

生産地

Warsteiner Pilsener(ヴァルシュタイナー)の醸造所はドイツ西部Nordrhein-Westfalen(ノルトラインヴェストファーレン州)Dortmund(ドルトムント)の東にあるWarstein(ヴァルシュタイン)にあります。

醸造所はWarsteinの町なかにあるのではなく、近郊に位置するアルンスベルク森林公園(Naturpark Arnsberger Wald)の中でビールの生産をしています。

理由はただ一つ。良質な水を組み上げることが可能であるからです。

Warsteinerの創業は1753年。

現在に至るまでずっと変わらないCramer家による同族経営で、すでに9世代引き継がれています。

また、同族経営の個人事業者が所有する醸造所として、Warsteinerはドイツ最大のビールメーカでもあります。

Warsteiner Pilsenerの見た目

Warsteiner Pilsener 1
Warsteiner Pilsener

Warsteiner Pilsenerの色は他のピルスナーと同様、透き通った美しい黄金色をしています。

グラスに注いでいるときからすでにピルスナーらしいホップの爽やかな香りを感じることができますが、特筆すべきはそのモルトの香ばしい香りです。

ピルスナーは本来ホップ感を重視した香りや風味が特徴のビールですが、Warsteiner Pilsenerはそのホップ感に引けを取らないくらいのモルトの香りを栓を開けたその時から楽しむことができます。

Warsteiner Pilsenerの味

見た目のところで書いたように、Warsteiner Pilsenerはグラスに注いでいる時からピルスナーのキャラクターであるホップ感とモルトの香ばしさを堪能することができます。

そして飲んでみるとやはり、そのホップの爽やかな苦味の中にモルトの優しいコクと香ばしさをしっかりと味わうことができます。

一口目、最初の方こそホップのビターな香りが鼻腔を刺激しますが、すぐにモルトの香ばしさに切り替わり口いっぱいにその優しい味わいが広がります

ヘレスやデュンケルにあるような重厚感のある甘めのコクではなく、焙煎されたような軽やかで香ばしいモルトの香りです。

後味もホップ感の中にモルト由来の香ばしさがスーッと続き、舌の上にはふんわりとホップの苦味が残ります。

Warsteiner Pilsenerはピルスナーにも関わらず、そのモルト由来の香ばしさがホップの刺激的な苦味を適度に抑えていて、コクと甘みも存分に楽しむことができる、一味変わったピルスナーです。

Warsteiner Pilsener ビールレポート

ビール好きなっしゅによるWarsteiner Pilsenerの独断レビューです。

Warsteiner Pilsener 3
Warsteiner Pilsener
ビールチャート - Warsteiner Pilsener
ビールカテゴリー – Bierstil ピルスナー
アルコール度数 – Alkoholgehalt 4.8%
麦汁比重 – Stammwürze 11.6%
発酵種類 – Gärung 下面発酵
カロリー(100ml) – Brennwert 175 KJ / 42 Kcal
原材料 – Zutaten 水・大麦・ホップ・酵母

Warsteiner Pilsenerはピルスナーとしては珍しい、モルトのコクと香ばしさを重視した味わいが特徴のビールです。

アルコール度数は4.8%とピルスナーとして標準的な強さです。

最初口に含んだ時のホップ感はまさにピルスナーというキャラクターで、ホップの爽やかな香りが楽しめます。

しかしその後飲み進めていくにつれて、焙煎されたモルトのような軽やかで香ばしい、深い味わいを楽しむことができます。

まとめ

Warsteiner Pilsener 4
Warsteiner Pilsener 沖縄にて。

ピルスナーとしては珍しい、モルトのコクと香ばしさをしっかりと風味に残した贅沢なビール、それがWarsteiner Pilsenerです。

もちろんホップの爽やかな香りはしっかりと味わうことができます。

ですが後半はとても香り高い香ばしさが口いっぱいに広がって鼻に抜けます。

始めはホップの爽やかな香りと苦味がありますが、後半に行くにつれてモルトの優しい味わいと香ばしいコクに味が変化していくところがWarsteiner Pilsenerの特徴です。

ホップの苦味は苦手だけれども、さっぱりとした口当たりとモルトの香ばしい風味と香りを同時に楽しみたいという方のは強くおすすめできるピルスナーです!

日本でも比較的大きなスーパーや輸入食品を扱っているお店などではよく目にするビールですので、見かけた方はぜひ一度お試しください。

ピルスナーなのに香ばしさも同時に楽しめる、そんなWarsteiner Pilsenerの魅力に、惹きつけられること間違いありません!

ピルスナーの上品な香りを楽しむのであれば是非専用のグラスと一緒にお試しください!おすすめはこちら!

最後までお読みいただきありがとうございました!

Warsteiner Pilsener 1
最新情報をチェックしよう!