ドイツ・ミュンヘン発のビールブログ【ビアブログ Bierblog】へようこそ! ドイツビールを中心に様々なビールを紹介&レビュー!

ドイツでクレカ取得!学生でも取得できるクレジットカードと言えばこれ!永年無料クレカの紹介。

ドイツでクレカ取得!学生でも取得できるクレジットカードと言えばこれ!永年無料クレカの紹介。

ますます主流になるキャッシュレス決済。日本だけでなくドイツでもじわじわと浸透してきています。

ポイントシステム等がほとんどないドイツでは日本ほど日常的には使われている印象はありませんが、コロナの影響もあって直接手渡しする現金払いよりキャッシュレス決済を推奨する店舗が増えてきているのが実情です。

 

そんなキャッシュレス決済を使うためにどうしても持っておきたいものがクレジットカード。

もちろん日本で取得したクレジットカードを使うことは可能ですが、決済に度に両替手数料等が発生してしまいなんだかもったいないし、ユーロから円に替えて送金したりと手間もかかります。

 

長期でドイツに住むのであれば、現地のクレジットカードを持っておくととても便利です。

ですがクレジットカードの取得には審査があり、外国人である日本人がドイツでクレジットカードを取得するのが難しいのでは?と考えている方も少なくないと思います。

 

そんな悩みを払拭すべく、この記事では日本人でも簡単に取得できるドイツのクレジットカードをご紹介します!

ちなみに現在ドイツで留学中の学生さんや職業訓練(Ausbildung)をしている方でも取得できます。

ドイツの職業訓練について詳しくはこち

合わせて読みたい

海外で長期生活を始める目的は主に、自身のキャリアを極めるためだと思います。 キャリアという言葉を使っていますが、なにも優れた学歴や長年の職歴だけがキャリアというわけではありません。   一般的な「キャリア」には、「キャリ[…]

【キャリア体験談】ドイツの職業訓練(Ausbildung)とは?ドイツ就職実現のための切り札を徹底紹介。

ドイツのクレジットカード事情

ドイツは未だ現金主義

Money 1

おすすめクレジットカードの紹介に入る前に少しだけドイツのクレジットカード事情についてお話しておきます。

在住の方はすでにご存知の通り、ドイツでは未だクレジットカードやキャッシュレス決済対応の店舗やレストランが日本と比べると少ないです。

日本よりもキャッシュレス化が進んでいると言われているヨーロッパで、これほどキャッシュレス化が進んでいないのはきっとドイツくらいでは?と思うほど現金主義な国、それがドイツです。

預金口座から直接引き落とすGirokarte決済が多い

comdirect cards 1

もともとドイツには、普通預金口座のキャッシュカードであるGirokarteで決済をするという文化があり、これがクレジットカードよりも生活に浸透しています。

これはいわゆるデビットカードのようなもので、預金口座に貯蓄してある分だけ利用することができます。

 

クレジットカードのように次の支払日までカード会社が立て替えるというプロセスが発生しないため、使いすぎないことなどを理由に今でも多くの決済が預金口座に紐付いたキャッシュカード(Girokarte)で行われています。

 

Girokarteはキャッシュカードなので、日本人でもドイツの銀行口座を開設した場合には使用することができます。

ただし、Girokarteはクレジットカードではないので、国際ブランドであるVisaやMaster Cardのマークは付いていません。なので使用できるのはドイツ国内及び対応した決済システム(V-PayやMaestroなど)が使用可能な国のみとなります。

同じ通貨を使用しているユーロ圏なのに、使える場所が限定されるGirokarteは旅行先では無用の長物です。

そもそもクレジットカードを使うメリットが薄い

ドイツでクレジットカードが普及しない原因として考えられるものが、そのメリットの薄さです。

 

日本ではどのクレジットカードを使うにしても、「〇%ポイント還元!」や、「永年年会費無料!」などといったボーナスがクレジットカードを使うメリットとして付帯しています。

航空会社提携のクレジットカードでマイルが貯まったり、ネットショッピングで利用可能なクーポンが入手できたりするやつです。

しかしドイツは未だポイント還元システムのようなメリットがついたクレジットカードが片手で数えられる程度しかありません。

 

さらにクレジットカードを使用した際の還元率も低いことが多く、ドイツのクレジットカードはその付帯するメリットの少なさが目立ちます。

そしてクレジットカードが普及しない最大の原因は恐らく、「基本的に全てのクレジットカードに年会費がかかる」ことでしょう。

年会費は安いもので10ユーロ程度から上は無限大です。(カードのグレードによる。)

わざわざお金を払ってまでメリットの薄いクレジットカードを持つ人はまずいないと思います。

 

ドイツで広く普及しているクレジットカードは恐らく、普段メインバンクとして利用している銀行発行のクレジットカードだと思います。

なぜならドイツの銀行は、ある程度の収入がある預金口座の利用者に対して、その口座と紐付いたクレジットカードを発行しているからです。(希望者のみ)

 

上記を理由に、クレジットカードでお得に買い物をするという文化はドイツにはありません。

それでも現地のクレジットカードを持つ利点

Credit card

とにかくメリットが薄いドイツのクレジットカードを持つ利点としては、やはり現地通貨であるユーロで決済が可能という点に尽きると思います。

 

ドイツで収入を得ている場合、日本のクレジットカードを使い続けることはお金の管理にしても手数料にしてもかなりの負担となります。

また、私もよく直面しますが、たとえ国際ブランドがついていたとしても、消費税の関係やマネーロンダリング防止を目的として、海外発行のクレジットカードが利用できないケースがここ最近増えたように感じます。

為替レートに手数料を合わせても円で決済したほうが安いことなどもあったのですが、最近はこれが難しくなってきています。

 

そして、ここ最近(ようやく)ドイツでも広がりつつあるApple PayやGoogle Pay、さらにはPaypalをより有効に活用するためにも、クレジットカードはあったほうが便利です。

 

その他には、同じ通貨であるユーロを使用している国、例えばイタリアやオーストリア、フランスなどへ訪れた際に手数料無しでクレジットカードを使用することができるのは大きいです。

わざわざ現金をおろす必要もなく、安心です。

年会費永年無料!ドイツで初めてクレジットカードを持つならBarclaycard Visa!

さて、ドイツのクレジットカード事情の話が長引いてしまいましたが、なんだかんだ言っても現地発行のクレジットカードが1枚でもあれば便利だということをお伝えしてきました。

そしてどうせ持っていてもメリットが薄いドイツのクレジットカード。それでも持つなら年会費無料のものに限ります。

年会費が無料であれば持っていて使わなくても問題ないですからね!

年会費永年無料のBarclaycard Visa

Barclaycard
出典:Barclaycard公式

ドイツでクレジットカードを持つなら、Barclaycardが発行する最もノーマルグレードなクレジットカードであるBarclaycard Visaをおすすめします。

国際ブランドは名前の通りVisaです。

 

Barclaycardは、イギリス・ロンドンに本社を置く国際金融グループのバークレイズ(Barclays)のクレジットカード部門です。

このクレジットカードに付帯しているボーナスは、盗難にあった場合の不正利用補償や分割払い対応などといった基本的なものだけですが、最も大きな利点として、

「年会費が永年無料」

ということが挙げられます。

使っても使わなくても、カードを所有することによるコストはゼロです。

 

国際ブランドは世界的クレジットカードブランドの一つであるVisaで、信頼できる大手金融機関発行のクレジットカードが永年年会費無料で入手できるのは、Barclaycard Visaのみだと思います。

また、取得条件も緩く、学生でも取得が可能であるカードでもあります。

 

他にも大手銀行のDKBやINGが発行しているクレジットカードもありますが、所得証明である“Bonitätsprüfung”がとても厳しく、当時私は全て審査落ちしました。

 

そんななか、日本人である私がドイツで初めて手に入れたクレジットカードもこのBarclaycard Visaでした。

申請したときは職業訓練中(Ausbildung)で、当時の定期収入は600ユーロ程度のみ。年齢は21歳くらいでした。

それでも審査結果は無事合格。3週間程度でカードが送られてきました。

 

ポイントが貯まるわけでもなく、特にこれと言った強みがあるクレジットカードでは無いですが、年会費永年無料で信頼できるクレジットカードを持つにはBarclaycard Visa一択です。

年会費が一切かからないので、一応持っておくということも可能です!

Barclaycard Visa申請のための条件

  • ドイツ国内に居住していること
  • ドイツ国内にある銀行や金融機関に口座を有していること
  • 定期的な収入(月給)があること
  • 使用可能な電話番号を有していること
  • 満18歳以上であること

Barclaycard Visaクレジットカードの申し込み方法

Barclaycard Visaクレジットカードの申込みはとても簡単です。クレジットカードの申込みに必要な最低限の情報を入力するだけで数分で終わります。

① まずは公式ページへ。Barclaycardを検索するか、こちらのリンクから公式ページへ進みます。ページ上に以下の画像のように表示されると思うので、“Jetzt beantragen”をクリックして申し込みページへ。

Barclaycard Visa
出典:Barclaycard公式

② 最初のページでは、個人情報の入力を行います。氏名、生年月日、住所データ、連絡先をそれぞれ入力します。

申込みの際、Google Translateをプラグインで使用している場合、ドイツ語のページをざっくりと日本語に翻訳することも可能なので、適宜使用すると便利です。
Barclaycard Antrag 翻訳
出典:Barclaycard公式

③ 入力が完了したら、ページ下の“Weiter”ボタンをクリックします。次のページでは、職業に関することと、銀行口座の情報を入力します。

④ 同じように入力が完了したら、最後に確認ページである”Zusammenfassung”へと進みます。入力内容に間違いがないことを確認した後、申込みを完了します。

⑤ ここまでで基本的には申し込み完了となり、カード会社からの次の指示を待ちます。郵送で申し込みが必要な場合は、入力完了ページで今入力した情報を印刷することが可能なので、印刷したものを指定された住所宛に送ります。最近はオンラインで入力するだけで申請完了のものが多いので郵送は必要ない場合もあります。

⑥ 審査を無事通過すると、本人確認を行う必要があります。ドイツではこの本人確認プロセスのことを”Legitimation”といい、ほとんどの場合郵便局経由で行います。カード会社から郵送で本人確認のための書類が送られてくるので、その書類とパスポートを準備して郵便局へ行きます。ちなみに郵便局で行う本人確認のことを”Post-Ident”といいます。

詳細はドイツ郵便”Deutsche Post”のページからご確認ください。

これで申込みのプロセスは終了です。

さいごに

ドイツでは日本のようなクレジットカードを使うメリットは少ない場合が多いですが、現地通貨(ユーロ)決済ができることは日本のクレジットカードを使うよりも便利で金銭的にも優しいです。

また、非接触決済やデジタル決済がより一層一般的になりつつある今、そのメリットも徐々に大きくなってきています。

わざわざ年会費のかかるクレジットカードはいらないけれど、無料なのであれば持っておくだけでも損はしないはずです。

そんな方全員におすすめのクレジットカードであるBarclaycard Visaを紹介してきました。

その他ポイント還元等のベネフィットを受けられる「ドイツ最強」のクレジットカードのおすすめは以下の記事で別に紹介しています。興味がありましたら覗いてみてください!

合わせて読みたい

クレジットカード決済によるメリットは発行される国によってさまざまです。 日本はクレジットカード決済によるボーナスや特典が多彩かつ年会費も安いので、数種類のクレジットカードをすでに持っている方も多いと思います。  […]

ドイツ最強のクレカ?低い年会費で最大のメリットを得られるドイツのクレジットカードBEST3!

 

最後に一つだけ。

私が今回紹介したBarclaycard Visaを申し込んだときは、学生専用クレジットカードなるものがまだありませんでした。

なのでBarclaycard Visaを申し込み、審査も問題なく通れたのですが、現在は同じBarclaycardが提供するBarclaycard for Studentsなるものがあります。

もし学生さんの方でBarclaycard Visaの審査が通らなかった場合は、この学生専用クレジットカードであるBarclaycard for Studentに申し込んでみるのもいいかもしれません。(学生向けなのになぜか年会費が12ユーロかかるところが欠点…)

それではお読みいただきありがとうございました!

 

 

ドイツでクレカ取得!学生でも取得できるクレジットカードと言えばこれ!永年無料クレカの紹介。
最新情報をチェックしよう!