ドイツ・ミュンヘン発のビールブログ【ビアブログ Bierblog】へようこそ! ドイツビールを中心に様々なビールを紹介&レビュー!

元祖ドイツ産ピルスナー。RADEBERGERの紹介&おすすめ(ラーデベルガー)

Radeberger Pilsner 1
Radeberger Pilsner
なっしゅ
なっしゅ

こんにちは、なっしゅです。

世界初の元祖ピルスナーといえばチェコのプルゼニで造られているPilsner Urquell(ピルスナーウルケル)です。

Pilsner Urquellについて詳しくはこちら

ではドイツ初のピルスナーはどれでしょうか。

実は日本にも輸出されていて、お店などで目にする機会も多いビールです。

正解は、白いラベルに金色のロゴが目を引く、Radeberger Pilsner(ラーデベルガー)です。

今回は、ビールの国ドイツの元祖ピルスナーであるRadeberger Pilsner(ラーデベルガー)を紹介していきます!

Radeberger Pilsnerの紹介

生産地

Radeberger Pilsnerはドイツ東部ザクセン州の州都ドレスデン近郊、Radebergで造られています。

Radeberg(ラーデベルク)で造られているビールだから、Radeberger(ラーデベルガー)です。

醸造所は1872年創業。ピルスナーというビールカテゴリーが確立されて間もない草創期からピルスナーを造り続けている老舗醸造所です。

ピルスナーといえばチェコ産だった当時、Radebergerはドイツでピルスナーを普及させるために独自改良を続けて、”ドイツ産ピルスナー”を確立しました。

元祖ドイツ産ピルスナーとして、当時のザクセン王フリードリヒや、鉄血宰相として名を馳せたビスマルクにも愛されたビールとしても有名です。

見た目

Radeberger Pilsner 1
Radeberger Pilsner

伝統的なピルスナーの特徴を踏襲した黄金色です。濃さはきもち薄めな感じがしました。

炭酸の強さは普通です。適度なシュワシュワ感がビールに視覚的な華を与えています。

泡立ちも一般的なピルス同様、簡単に立ちますが泡持ちは良くなくすぐに消えます。

元祖ピルスナーであるチェコ産Pilsner Urquell(ウルケル)と比較してみてみると、やはり色味は多少Radebergerのほうが薄いです。

Pilsner Urquell(ウルケル)ほどではないですが、栓を開けたときにホップの香りが広がります。

この時点で、香りを楽しみながら飲むビールであることがわかります。

そして飲んで見ると、マイルドな口当たりですが、ホップの爽やかな苦味が鼻腔に広がります。

Pilsner Urquell(ウルケル)のような”青々しさ”は強くなく、僅かですがモルトのコクも感じることができます

モルトの重厚感や甘みがうまく活かされているところにドイツビールらしさを感じますね。

たまにしかピルスナーを飲まない方にも、比較的飲みやすいピルスナーであると思います。

ビールレポート

なっしゅ
なっしゅ

ビール好きなっしゅによるRadeberger Pilsnerの独断レビューです。

Radeberger Pilsner 2
Radeberger Pilsner ビールレポート
ビールチャート - Radeberger Pilsner
ビールカテゴリー – Bierstilピルスナー
アルコール度数 – Alkoholgehalt4.8%
麦汁比重 – Stammwürze11.65%
発酵種類 – Gärung下面発酵
カロリー(100ml) – Brennwert172 kJ / 41 kcal
原材料 – Zutaten水・大麦・ホップ・酵母

アルコール度数はピルスナーとして平均的な4.8%

ホップの香りが強めで濃いイメージがありますが、アルコール度数は高くはありません。いたって普通です。

ドイツビールらしいモルトの甘味も後味として感じることができます。

元祖ピルスナーであるチェコ産ビールにある強力なホップ感と、ドイツビール伝統のモルトの重厚感をうまくかけ合わせた、これぞ元祖ドイツ産ピルスナーという感じです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

元祖ドイツ産ピルスナーであるRadeberger Pilsner(ラーデベルガー)は、ドイツビールのキャラクターとチェコビールのキャラクターをうまく融合させたいいとこ取りビールでした。

日本にある国産ビールもほとんどがピルスナー。

是非とも日本のビールとしっかりと飲み比べしたいですが、ドイツではなかなか手に入らない…ごめんなさい。いずれアップデートします!

ちなみにRadeberger Pilsnerをレストランで頼むと、ワイングラスのような”脚付き”のチューリップグラスで提供されます。

ペールエールほど香りが強いわけではないですが、ホップの爽やかな香りがより一層楽しめますのでおすすめです!

日本でも最近手にすることが可能な元祖ドイツ産ピルスナー、Radeberger Pilsner。

是非一度お試しください!

なっしゅ
なっしゅ

Radeberger Pilsnerに合う、私のオススメのグラスはこちら!

最後までお読みいただきありがとうございました!

Radeberger Pilsner 1
最新情報をチェックしよう!